cannondale SLATE用ホイール考察その1(分解検証編)

キャノンデールがはなった「ニューロードバイク」SLATE

いよいよ当店にも試乗車が入ってきました。

オンでもオフでもいけるグラベルロードでありながらエンデューロもこなせる?
というジャンルを問わないニューバイクの試乗が楽しみです。

 

その前に!

すでに乗っているライダーから純正ホイールの剛性不足が聞かれていましたので、

ホイールを分解検証してみることにしました。

レフティ仕様のフロントホイール

【SLATE用ホイールの仕様】

■リム  :27.5(650B) 28H

■ハブ  :フロント・レフティ、リア12×142スルー(シマノ11S)

■スポーク:ダブルバテッド(2.0×1.8×2.0)※メーカー名不詳

■ニップル:ブラス(ステン)14mm長

■タイヤ :パナレーサー製27.5x42B

 

まずホイール重量:※ハブやスポークの違いによる重量差を考慮しなくて良いフロントで計測

フロント(レフティ仕様で)709gはそこそこ軽い

同じハブとスポーク・ニップルの仕様で
ZTR CRESTで680g、ZTR ARCH EXで742gですので重量はその中間です。

タイヤは:パナレーサー製の650x42Bで重量は303g

サイドも薄くタイヤでかなりグリップとトラクションを稼げそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと寄り道して、

分解(バラす)前にスポークテンション、ホイールの振れをチェックしました。

振れは縦横ともに0.3mm程度でメーカー純正ホイールとしては合格でした。

がっ!

メーカー純正ホイールではよく有るのですがセンターが3mmくらいずれてます・・・

スポークテンションは強い側で120kgf程度と張っているほう。
ですが、画像のように120と80など著しくテンションバラつきが有るところが・・・。

これらはメーカー純正ホイールではよく有ることですので(ホイールメーカーの完組でなくメーカーオリジナル)、
みなさんお付き合いのキャノンデール販売店ではちゃんと修正してくれるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本題に戻りましょう!

プレス機で同じ荷重をかけてみましたが、

SLATE純正とZTR ARCH、さらにはもっと丈夫な幅広リムのホイールも、ハブの沈みでみる変形量はほぼ同じでした。

プレス機にかける時はリムの外周は同じ径の台に置いていますのでリムの変形はなく、
スポークだけ変形しますので、同じ仕様のダブルバテッド(2.0×1.8×2.0)スポークで
SLATE純正とARCH EXで差が無かったのはスポークの性能差では無いことがわかりました。

リム重量は

分解してリム重量は:410gで予想通りCREST とARCH EXの中間でした。

リムはアシンメトリーと呼ばれるオフセットでした。

ニップル穴がオフセットしていますのでスポークテンションの左右差を少なくすることができ横剛性のあるホイールが組めます。

ちなみにStan’sのトレイル向きZTR ARCH EX 650Bの重量は430g

SLATE純正リムとStan’sの差は
リム幅はともに25mmで変わりませんが、リム高はSLATE用 が20mmに対してStan’sは15.8mm。
SLATE用よりも低い(体積の小さい)ARCH EXのほうが若干重量が重いのです。

最初のほうでホイール重量計測しましたとおり、前輪で709gとこの種のホイールとしてはかなり軽量なホイールに仕上がっています!

SLATEはどんな使い方もライダー次第のマルチパーパスバイクですので、どんなライディングをするもオーナーしだい。

舗装路や林道をツーリングするだけなら、このホイールの剛性感が充分かもしれません。

一方で舗装路や林道を登ってエンデューロ的に下りも攻めたいというライダーにはもっと剛性を!もっとアグレッシブに走りたい!という要望が有るのでしょう。

したがって、剛性確保のためにZTR ARCH EX 650B 28Hの採用

純正ホイールの剛性不足を補うには、
まずはZTR ARCH EX 650Bにすることで解決はできそうです。
リム重量が20gほど重くなりますが、ニップルを純正のブラス(ステン)からアルミに替えることで充分補うことは出来ます。

さっそく、ARCH EX 650Bでホイール組みしてみますので、
出来上がったらご紹介しますね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カーボンリム、他の可能性

ちなみにSLATE用にカーボンリムのホイールは既に作成していてテストライドを繰り返してもらっています。

カーボンリムの剛性は充分でエンデューロの下りでも全く問題無い。
不満点としては横剛性が有りすぎて、もう少しホイールがしなって欲しい(タイヤがヨレるのではなく)、
空力的にもっと進むホイールにして欲しい(エアロスポークに変更する予定です)。

などなど、研究は積み重ねています!

なお、SLATEのホイール仕様は

フロントハブはレフティ 、リアは12×142スルーでなおかつシマノ11Sという仕様ですので、
リアハブは上記に対応したPAZストレイトプルを使用します!

Share on Facebook

line
Copyright © 2011 Cycle Garage PAZ All Rights Reserved