西田尚平選手レースレポートJ1雫石大会

PAZのNotubesホイールを使用している西田尚平選手(国際自然環境アウトドア専門学校)から2014J1雫石大会のレースリポートが寄せられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開催日:2014年6月14日

開催場所:岩手県 雫石スキー場

結果:20位/54人中

【使用装備】
GIANT XTC ADVANCED SL 29er
WHEEL 前後 Stan’s NoTubes ZTR CREST 29er
タイヤ 前後 MAXXS BEAVER
気圧  前後1,7Bar
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
岩手県雫石スキー場で開催されたJ1第4戦に出場してきました。
今回のレースは土曜日だったので水曜日に移動し、大会に疲労を残さないように心がけました。夕方に現地に着き、雫石市内を軽くロードワークして移動の疲れを回復させました。
試走は金曜日だけだったので集中して走りました。コースはしばらく雨の日が多かったのでマッドコースでした。試走ではほぼ100%乗車できましたが、レースになるとみんなが下りて押すので路面が荒れ、乗車率が一気に下がるなと予想できました。細かく変わるコース状況のことはあまり考えず、レースに向けて淡々と出来る準備を進めていきました。
レース当日も雨が強く降ったりやんだり、安定しない天気でしたがあまり気にしないでスタートまでの準備をこなしました。アップは気温が低かったのでゆっくり、長めに身体の中から暖めることを心がけました。招集は10番目だったので二列目。自分がスタートしたいと思っていた所は足場が悪かったので足場のいい所へ変更しました。号砲が鳴り、クリートキャッチも決め加速しようとした矢先、前の選手がクリートキャッチをミスし合わせられず、急ブレーキした瞬間の衝撃で以前から気になっていた腰を痛めてしまいました。しかしレースはスタートしているので、腰のことは考えずに走りますが、痛くて押し区間は徒歩状態。1周終わった時点では15位くらいでした。とりあえずゴールしないとポイントもなにも残らないので淡々と走りましたが、追い込めないレースは本当につらかったです。2周目に入り、痛みが徐々に出てきてペースも上げられず、どんどん順位を下げてしまいました。応援して下さっている方や、フィードをしてくれているチームメイトに申し訳ない気持ちになってしまいました。途中からは気を取り直し、今回は泥の練習だと思い、ライン取りなどを考えながら走りました。気づけばラストラップになっていたので、最後だけ気持ちペースアップしました。何人かパスし、20位でゴール。消化不良のレースとなってしまいましたが調子はあがってきています。今シーズンのレースは気づけばラストラップになることが多いので集中は出来ていると思います。
後は、レース時間内で全てを出し切れるようにトレーニングしていきたいと思います。
今回の反省点は、腰が痛くなった時点でレースを降りなかった点です。ひどくなってからだと完治にまた時間がかかってしまうのにも関わらず、やめる勇気がなかったです。
良かった点は、レースまでのアプローチは今までになくスムーズに出来たと思います。
また、チームとしてもまとまりが出てきて、いい流れだと思います。
今回は、調子が良いだけで残念な結果になってしまいましたが、全日本では必ず結果を残します。
これからもよろしくお願い致します。

Share on Facebook

line
Copyright © 2011 Cycle Garage PAZ All Rights Reserved