山本和弘選手レースリポートWORLD CUP#2 Houffalize

ワールドカップ2戦目となるベルギーのHouffalizeに参戦してきた。ベルギーらしい寒い中でのレースで気温は5度以下との情報があった。 ウォーミングアップに出ても身体は温まりにくく、皆、鳥肌を立てながらスタートラインに並んだのを覚えている。今回は自分のベストと思われる準備をして ワールドカップに臨んだ。しかし、結果はマイナス1LAP129位と厳しい結果となった。アップダウン区間と斜度の急な登り区間での踏み切れるパワーが もっと必要だと思い知らされた。
コースは大きな上りが2つあり、どれも斜度があり低速&パワークライムが要求される登りがコース中に2つあった。そして、それ以外はコースがクネクネと 折り重なるようなコースデザインでシクロクロスを連想させるコースだった。平坦区間はボコボコでパワーが必要な個所が多かった。バイクセッティングはタイ ヤのセレクトをグリップ優先でMAXXIS『BEAVER』というハイグリップタイヤをセレクトした。低速なレースのためにタイヤの転がりよりも急斜度の 登りでのトラクションを優先した。それ以外はいつもと同じセッティングで臨んだ。


レースはスタート後の混雑に飲み込まれる形でレースが始まった。

イメージ通りなのだが、そこからが苦しいものだった。スタートループはストップ&ゴーの繰り返しで体力をレース序盤のうちにかなり消耗していった。 力があればこの混雑する位置から抜け出せるのだが、そこから抜け出すというよりもそこをキープするのが精いっぱいという状況だった。コースがクネクネと常 にコーナーがあるようなコースで、しかも下がボコボコしているので思うようにスピードを上げられない状況が続いた。平坦区間で29インチのメリットを活か して走るが、その後の斜度の急な登りでペースが落ちてしまった。この悪いリズムが続きいつもレース中盤で来るハイな状態になれないまま80%ルール適応で 残り1周を残しレースを終了してしまった。準備を整えて時間をかけ、気持ちも良い状態でのり込んだワールドカップを最後まで燃え尽きることなく終わってし まった事に残念な気持ちがレース終了後、身体を支配した。ただ、今は新しいチャレンジをしているので、それがすぐにハマるとは思っていない。今が乗り切る 時だから、上を向いて笑顔で活動していきたいと思う。自分はもっと強くなれる。引き続き応援よろしくお願いします。

使用機材

バイク:

CANNONDALE

FLASH29er Mサイズ

サスペンション:

CANNONDALE

LEFTY 29er XLR

チェーン:

KMC

X10SL

チェーンオイル:

EVERS

CARBON CHAIN SPRAY「DRY」

サングラス:

ADIDAS

「Evel eye Halfrim Pro」

タイヤ:

MAXXIS

F&R 「IKON」29×2.2  前後1.7bar

ヘルメット:

BELL

「VOLT」

ブレーキ

MAGURA

Marta SL Magnesium

ペダル:

VP ONE

サドル:

FI’ZI:K

TUNDRA

ハンドル&プーリー KCNC

ホイール:

NoTubes

NoTubes ZTR 29er RACE GOLD(PAZ提供)

ボディーメンテナンス:

COMPEX

インソール

CONFORM’ABLE

グローブ&ソックス

SUGOi

シューズ

MAVIC

フーリー

バイクキャリア

PIAA

TERZO

Share on Facebook

line
Copyright © 2011 Cycle Garage PAZ All Rights Reserved